妊娠中の便秘、どうしたらいい?妊婦の便秘解消法

臨月に大変だった便秘

もともと便秘がちな体質でしたが、妊娠中もしばらくの間は妊娠前と変わりない体調でした。
8ヶ月頃に軽い貧血になり、産院から鉄剤を処方されて服用しました。
副作用で便が硬くなったり変色するとの記載があり、この辺りから少しずつ排便の頻度が減り始めました。

 

一番大変だったのは臨月の時です。
秋の出産でしたが便がコロコロになり、いきんでも全く出なくなってしまいました。
便意はあり、トイレに座るも全く出る気配がありません。いきむのですが出て来なくて、トイレに30分こもって脂汗を流しながら排便しました。この時初めて、便意があるのに出ない辛さを体験しました。

 

産院に相談するも「下剤を使うのは最終手段。まずは水分補給や食べ物で頑張ってみて」と言われたので頑張ってみる事にしました。

 

まずは腸内環境を良くしようと思い、ヨーグルトを摂取する事にしました。ヨーグルトメーカーを購入して牛乳からヨーグルトを作り、ハチミツを入れて電子レンジで温めたホットヨーグルトを試してみました。味は美味しくて身体も温まります。妊婦さんには凄くオススメだと思います。
他には野菜を沢山入れたポトフを作ったり、常温の水を沢山飲んだりしました。

 

食事も大切ですが、実は私にとって一番効果があったと実感したのは歩く事でした。体重管理で歩く事を日課としていたのですが、夏場は暑くてサボっていたのです。
秋になり涼しくなったので再開すると、歩いた翌日には必ず排便があり、便の状態もとても良かったのです。これで便秘は随分おさまりました。

 

運動も大切ですが、便の状態を良くするには水分補給がとても大切だと思います。冷たい物より腸が温まる白湯がオススメです。
まずは運動、プラス普段の食事や水分で補う形です。

 

お腹が大きくなるにつれて体調も変化していくので、その前にちゃんと管理するのが大切なんだと実感しました。

 

20代後半