妊娠中の便秘、どうしたらいい?妊婦の便秘解消法

なかなか相談できなかった便秘

妊娠期の辛い便秘、私の場合は出産直後まで続きました。特に、夏場に安定期を迎えたため、汗で水分がどんどん出るせいか水分をとってもとっても便秘はひどくなる一方でした。暑い中、長らくトイレにこもらなければならなかったのは本当につらかったです。

 

また妊娠後期に入ってくると今度は子宮収縮の痛みと便秘によるお腹の痛みが重なることがあり、常にお腹が張っているような感覚でした。
子宮収縮のお腹の張りはあまり続くと早産になってしまうので、便秘の時に強くいきむのが心配でした。

 

初めての妊娠で産院にも上手く相談することができず、とりあえず食事に気をつけたりしながら乗り切りました。
さつまいもなどの繊維質の多いものを食べたり、キシリトールのガムを一度に多めに噛んだりすることが効果的でした。
また冬はひたすら温かい鍋に白菜やねぎなど野菜をたっぷり入れて食べました。鍋だと野菜もたくさんとれるし、体も温まり、汁で水分も補えるのでいいのではないかと思って週に2回ペースで食べていました。そうするととても調子が良かったです。

 

結局、出産したら今度は授乳で水分をとられるためかまた便秘がひどくなり、さすがにそこで産院の看護師さんに相談しました。
授乳中でも問題ないという薬を処方してもらいました。
3日出なくてどうしても気持ち悪い時などに使っていました。
産後3か月目くらいまでは使っていたと思います。
それ以降はだんだんと元の調子に戻っていき、悩むほどの便秘にはなりませんでした。

 

妊娠中も我慢せず、早めに産院に相談すればよかったなと少し後悔しています。
便秘は小さな体の変化ですが意外とストレスなので、妊娠中はそういうストレスは早めに解決して心穏やかに過ごす方がいいと思います。

 

(30代前半)